アシガールを歴史から考える

アシガールは戦国時代がメインの舞台となっているため、もちろん歴史ドラマとしての体裁を備えています。
ただ、唯がタイムスリップしたのが1559年(永禄2年)とわかっているだけで、12話までに実在した戦国大名の名前は全く出てきません。
また、地域に関する情報もほとんどありません。
この時代に有力な戦国大名の影響を全く受けず、隣国とのせめぎあいに終始しているというのはなかなか考えにくいのですが、そこはまあメルヘンということで・・・

史実に照らし合わせて考えるとどうしても粗探しのようになってしまう部分もありますが、それは本意ではないので、歴史好きの戯言と笑ってご容赦のほどを。
ただ、歴史を知ることによって、このような歴史ドラマを2倍も3倍も楽しめるようになることだけは間違いないと思います。

相賀一成とは何者なのか?

7650PV

歴史から考える

アシガール続編SPではあの織田信長が羽木領に侵攻してきます。 この時、織田家の武将として登場するのが相賀一成です。 信長は上洛するにあたり、伊勢攻略を美濃攻略に次ぐ重要課題と考えていたとされています。 この伊勢攻略を任さ […]

戦国の馬は小さかったのか?

6306PV

歴史から考える

戦国の馬は小さかったという話をよく聞きます。 実際には甲冑武者を乗せて走ることはできず、馬に乗って移動はしたが戦の時は降りて戦った。 従って戦国に騎馬隊といえるものはなかった… という話なんですが… 以前、この話が気にな […]

黒羽城の石垣について

5259PV

歴史から考える

アシガール第6話で平成に行った若君が尊に連れられて黒羽城跡を訪れる場面があります。 そこにあるのは黒羽城の石垣の一部ですが、若君は愛おしそうに石垣に触れます。 ここで若君は450年後にタイムスリップして来たという事実を受 […]

ページの先頭へ