アシガールを科学から考える

SF タイムトラベルアシガールはタイムトラベルドラマなので、SFファンタジーとしての要素を持っています。
それも、偶然空間の歪みに落ち込んでとか、超能力でとかいうものではなく、タイムマシンが登場します。
12話までに現代と戦国を4往復半するので、アシガールにとってタイムマシンは重要アイテムです。
タイムトラベルものでタイムマシンが登場する日本のドラマは珍しいのではないでしょうか。
せっかくタイムマシンが出てくるのだから、こちらも心して疑似科学的に?SF的にしっかりと考えてみたいと思います。

尊がドラマ中で語る科学的な言葉の中には、事象の地平面、時空の歪み、などがあります。
ドラマでは出てきませんが、時間SFにつきもののパラレルワールドについても考えてみたいと思います。

時間SFとパラレルワールド

4623PV

科学から考える

時間SFとパラレルワールド アシガールでは、本編で9回、続編SPで4回のタイムスリップがあります。 タイムスリップ、タイムトラベルといえば、古典的な時間SFが基本となる場合が多いのですが、パラレルワールドという考え方も知 […]

ページの先頭へ