アシガールを音楽から考える

BGMアシガールのサントラ曲(BGM)は、純和風あり、クラシック調あり、ジャズバラード風あり、スイングジャス風あり、ブルース調あり、ハードロック調あり、と実に多彩です。
歴史ドラマのBGMにジャス?とか思いそうですが・・・
仮に大河ドラマだったら違和感しかない状態になりそうです。
アシガールで実際にこれらの曲が使われているシーンを見ると、勧善懲悪時代劇で見られるような作り物めいた感じにもなっておらず、違和感ゼロでうまくストーリーに溶け込んでいます。
これはやはり純粋な時代劇というより基本はメルヘンドラマだからでしょうか?

作曲者・冬野ユミ氏のSNSによると、唯は風、若君は月というイメージで曲を作られたとのことです。
BGMは場面や人の心理状態に合わせて作ることが多いと思うんですが、人物をイメージして曲を作った聞くと、なにかうれしくなってちょっと突っ込んで聞いてみたくなります。
唯と若君の動機っていうのがあるとしたら、それはどんなものなのか・・・
ドラマを通して一番多く登場するのは風の曲ですが、いろいろなバリエーションがあり、風を表す伴奏の流れの上に軽やかな旋律が乗っていく感じです。
月の曲はほの暗くゆったりめの感じで、風の曲ほど多くのバリエーションはないようです。
これらについては個別に綴ってみたいと思います。

アシガール本編のサントラ曲(BGM)はダウンロード版サントラ集として配信されており、45曲が納められています。
34曲入りの本編サントラCDも発売されています。
また、続編SPのサントラ曲もダウンロード版サントラ集として配信され、こちらには15曲が納められています。
続編SPのサントラCDだけが未発売なので発売が望まれています。

サントラ曲(BGM)には各々サブタイトルがつけられているので、そこから作曲者の考えや思いを推察するのも楽しみの一つです。
作曲者がサントラ制作後に作った曲もあるとのことで、ドラマで使われたサントラ曲(BGM)の全てが入ってはいません。

TEARDROP OF THE MOON

2700PV

音楽から考える

アシガール続編スペシャル(続編SP)の前半のクライマックスは、若君を救うために命がけで小垣城に赴いた唯が、「わしも生きよう」という若君の言葉を信じ一人平成に帰る場面です。 結局若君を救えないという悔しさと憤りから、起動ス […]

レンコン

3385PV

音楽から考える

レンコン コミカルタッチの曲で、冒頭に聴こえる楽器は不明ですが、途中から口笛がメロディーを奏でます。 その後も入れ替わりにいろいろな楽器が登場し、楽し気なアドリブ感に溢れています。 お父さんの得意料理のレンコンのはさみ揚 […]

夢で会えたら

2623PV

音楽から考える

夢で会えたら ビッグバンド風のオーケストラをバックに「Is it true?」のメロディーをピアノが奏でます。 ボーカル曲「Is it true?」の伴奏と全く同じなので、このカラオケをバッグにピアノを入れたのだと思いま […]

風降る森

2268PV

音楽から考える

風降る森 風を思わせるギター伴奏に乗せて、チェロが控えめにメロディーを奏でます。 普通に吹いている風ではなく、タイトルどおり優しく降り注ぐような風を思わせます。 どちらかというと伴奏に重点がおかれているように聴こえるので […]

黒澤

2891PV

音楽から考える

黒澤 オーケストラにより、威厳とスケール感を表現した曲です。 威厳を表現する場合は冒頭の部分だけ流れることも多いようです。 オープニングで使われることが多い他、エンディングでも使われています。 1話以外の全てで使われてお […]

2321PV

音楽から考える

羽 MIDI音源で奏でられていると思いますが、曲名どおり、ゆったりとして軽やかな感じの3拍子の曲です。 シンプルですが、包み込むような穏やかさ・暖かさが感じられ、純粋無垢な気持ちを表現しているように思います。 アシガール […]

見上げた空に

2316PV

音楽から考える

見上げた空に ピアノの伴奏で、チェロが「綿雲の願い」のメロディーを奏でます。 ピアノのソロではせつなく響いた旋律は、チェロで弾かれるとよりやさしく抒情的に響きます。 「綿雲の願い」は自己犠牲的な思いを表していましたが、「 […]

ひぐらしの泣く丘

2348PV

音楽から考える

ひぐらしの泣く丘 ピアノソロ曲「TANPOPO」の弦楽バージョンです。 弦楽器のピチカートで始まり、高音部がボーイング(弓で弾く演奏)になった後、低音部もそれに従い全体が通常演奏になります。 「TANPOPO」から感じら […]

綿雲の願い

2679PV

音楽から考える

綿雲の願い ピアノの独奏による繊細で美しく、せつない感じの曲です。 この曲が使われているシーンからすると、人に対する思いや願い、それも自己犠牲的なものを表す曲のように思えます。 曲想もまさにそういう雰囲気があり、この曲が […]

ページの先頭へ